もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

投資未経験の30代の既婚サラリーマンが勉強しながらビットコインFXをしてその日の結果や思った事を書いていくブログです。

3/25ビットコインFX日記

お疲れ様です、25日は息子(2歳)と家で留守番という休日でした。

スキマ時間にちょくちょくトレードできたので書いていきたいと思います。

 

3/25のチャート

f:id:kibunedb:20180325230551p:image

25日も上げ下げの動きが急な1日になりました。

ほんとガックンガックン動くので怖くて仕方がないです。

このチャートを見てようやく気が付いたのですが、早朝の大きな下げ以外は91万〜94万の間を行ったり来たりしてただけなんですね、、、

上げ下げが極端だったのでもっと動いてるものと思ってました。

視野が狭くなってました

 

3/25の売買履歴

f:id:kibunedb:20180326002630p:image

f:id:kibunedb:20180326002643p:image

f:id:kibunedb:20180326002654p:image

f:id:kibunedb:20180326002709p:image

f:id:kibunedb:20180326002720p:image

下から順にです。

25日は細かいトレードをたくさんしました。

というか、どうしてもこうなってしまいますw

 

チャートに売買履歴を書く

f:id:kibunedb:20180325235415p:image

(↑全体)

 

f:id:kibunedb:20180325235427p:image

(↑前半部分)

 

f:id:kibunedb:20180325235442p:image

(↑後半部分)

 

ロング1でビビり損切りをした後になんかもう嫌になりましたw

僕はポジションを長く持つのが苦手で、利益を出すために出来るだけ我慢しようと思ってました。

しかし、「無理に長くポジションを持たなくても、トレードする回数や枚数を増やせばそれなりの利益出るんじゃね?」

という無謀な考えが頭をよぎったのでやってみることにしました。

当然逆もあるのですが、、、

 

復習

ロング1

f:id:kibunedb:20180325233234p:image

そもそもどうしてロングinしたのかイマイチ思い出せない。

多分「もう一段上がるかな?」的な感じだと思う、、、

少し下がったところでビビり損切りし、元の場所へ戻っていくのを眺めるという得意なパターン。

これをキッカケに今日はとことん短期トレードをしようと決める。

 

ロング2

f:id:kibunedb:20180325233245p:image

なんか下がってきた、自分がポジションを持ってたらビビって売るだろう。

という事でロングin

ポジションを長く持つつもりは全く無いので少し上がったところですぐ利確

今思えばギリギリセーフだった模様。

 

ロング3

f:id:kibunedb:20180325233256p:image

「大きく下げた後は少しだけでも戻るはず」と思いロングin

上手い具合に戻り出す。

上がってる時に限って「少し長めに持ってみようかな、、、」という欲が出てくる(ほんと身勝手w)

欲をなんとか抑えて無理矢理利確

その後の下げ↓を見て利確の大事さを再認識する。

 

ショート1

f:id:kibunedb:20180326003542p:image

大きく上げてきたのでタイミングを見計らってショートin(タイミングなんてわからないので適当w)

いい感じに下がり始める→即利確

その後下がり続けてガクンと下がる、、、短期利確をすると決めてたとはいえ、こういうのを見ると我慢して持ってたら利益デカイなぁと思う。

しゃーない。

 

ショート2

f:id:kibunedb:20180326004314p:image

ショート1と同じく大きく上げた後の下げを狙ってショートin。

少し下がったら利確

毎回毎回凄まじく薄い利益しかない。

「まぁ今日はこれでいいんや」と自分を納得させる。

 

3/25損益

f:id:kibunedb:20180326074722j:image

最初にビビり損切りで出たマイナスを細かい利確でちょっとずつプラスに戻せた感じですかね、、、

毎回良いタイミングでinできればいいのですが、そう上手くいくはずもないのでどうしたものか悩みます。

26日からは日中はチャートをちょくちょく眺めるだけになりますので、inのタイミングを予想しながら勉強していきたいと思います。

 

以上です、ありがとうございました。