もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

投資未経験の30代の既婚サラリーマンが勉強しながらビットコインFXをしてその日の結果や思った事を書いていくブログです。

5/18ビットコインFX日記

お疲れ様です、若干の二日酔いのRinです、、、

18日は華の金曜日という事でパーっと呑みにいってきましたのでノーポジデーとなりました。

ノーポジではありますが、いろいろと思うことがあったのでダラダラ書かせて頂きます。

 

5/18のチャート

f:id:kibunedb:20180519112515p:image

大きく下げた日になりました。「まさか80万台まで下がるのか?」と一瞬焦りましたが、なんとか持ち堪えた感じでしょうか。

前にも書きましたが早朝6時あたりに大きく下げるパターン多くないですか?

おはぎゃぁぁぁぁ」のせいで印象に残りやすいだけなんでしょうかね、、、

 

5/18の売買履歴

ノーポジの為、売買履歴無しになります。

 

5/18損益

f:id:kibunedb:20180519112508j:image

月次損益から5/18部分を切り取った画像になります。

ノーポジだったのでプラマイゼロでした。

Twitterを見てると早朝から午前中にかけて、ショートで利益を得ている人を多数見かけました。

僕は早起きして眺めてるだけでしたw

爆益への道はまだまだ遠いですね、、、

 

気をつけたい事

18日のチャートで、仕事中だったのでエントリーはできてないのですが、休日でチャートに貼り付いてたらエントリーしていたかもしれない部分がありました。

結果としてミスエントリーになってた可能性が高いので書き残しておきます。

f:id:kibunedb:20180519124846p:image

↑全体図

トレンドラインを割ってるので僕なら喜んで(ちょっとビビりながら)ショートinしてると思われます。

で、こんな感じ↓に、、、

f:id:kibunedb:20180519125112p:image

↑◻︎部分拡大図

 

トレンドライン割れから一気に下げると見せかけて上にドーン!!って酷いですよね。

(四万十川料理学校のキャシー塚本先生を思い出します、、、)

 

ライン割れでタイミングよくinできてればまだマシですが、少し遅れてショートイナゴなんかしようものなら焼き豚状態になります。

 

またまたTwitterの話なんですが、この騙し?を見抜いて下げたところでロングinしている諸先輩方もおられました。

ほんと何食ったらそんな事できるようになるんでしょうね、、、

 

で、こういうパターンで大きな損を出さない為の作戦を考えてみました。

1.底で利確

理想は完璧なタイミングで利確だと思います。

が、損小利大の考えで大きな値幅を狙ってるとまず不可能だと思われます(僕の場合は、です)

 

2.チキン利確

ヒャッハー」か「あ、あれ?」のあたりで利確してしまえば利益は少ないですが負けにはなりません。

僕の得意技(アカン)ですw

 

3.建値ストップ

ある程度良い方向にチャートが動いたらinした価格でストップを入れておけば急激に戻されてもプラマイゼロで終了です。

利確を粘る場合は保険的な感じで有効な作戦だと思ってます。

 

4.損切り

inした価格のすぐ上でストップ損切りを入れておけば「ぎゃあぁぁぁ」状態は回避できそうです。

やっぱ損切り大事だと思います。

 

僕が考えられるのはこれぐらいですね、、、

いつの日か

  1. ライン割れでショートin
  2. 底で利確+ドテンロングin
  3. うっはw利益いっぱいwww

みたいな動きができるようになりたいですねw

 

夢のような話は置いといて、当分はトレンドライン割れトレンドライン抜けを狙ったエントリーを続けて自分の得意な手法(大袈裟ですがw)に磨き上げていきたいと思います。

 

以上です、ありがとうございました。