もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

投資未経験の30代の既婚サラリーマンが勉強しながらビットコインFXをしてその日の結果や思った事を書いていくブログです。

【BTCFX】絶好のショートエントリーのチャンスにロングしてしまうのは何故か【12/1,2,3】

お疲れ様です、11月度をなんとか月次プラスで乗り切れましたRinです。

負ける事にビビってノーポジの日が多かったような気がしますが、多分気のせいでしょうw

前回の記事はコチラ▼

www.rineiji.com

で、2018年度の締めくくりとなります12月度

コレをキッチリと月次プラスで乗り切ってお正月に美味い酒を飲みたいと思いますw

ってな感じで、大事な初戦となる12/1,2,3のBTCFXトレード記録を書かせて頂きます。

よろしくお願いします。

12/1,2,3のチャート

f:id:kibunedb:20181205183403p:image

こうやって40万円台をウロウロしているのを見ると悲しくなってきます、、、

前半に大きく上げたものの、徐々に下がって12/3には更に下へ

いったい底はどこにあるのか、そもそも底なんてあるのか、、、

僕にはわかりませんw

 

12/3のチャート

f:id:kibunedb:20181205182035p:image

で、僕がトレードしたのは12/3になります。

午前中に1度目の下げ、12/4への日付け変更付近に2度目の下げがありました。

俗に言う「ショート握ってりゃお金が増える日」でしたw

 

12/3の売買履歴

f:id:kibunedb:20181205182424p:image

12/3のトレードはこの1回だけでした。

月初めの大事な初戦はなんとか勝ちトレードにできました。

値幅は相変わらず狭いですw

 

チャートに売買履歴を書く

f:id:kibunedb:20181205182451p:image

↑全体図


f:id:kibunedb:20181205182446p:image

↑◻︎部分拡大図

 

大きく下げる前になんとか逃げれたので結果オーライですが、なぜこんなポイントでロングエントリーしたんでしょう、、、

自分で自分がわからなくなります。

 

復習

ロング1

f:id:kibunedb:20181206185420p:image

【エントリー根拠】

青水平線で価格が止まったので上がると予想

【ストップ損切り】

下にある紫水平線の46.2

【利確目安】

特に無し

【結果】
f:id:kibunedb:20181205182532p:image

運良くエントリー後に少し上がる

が、黄水平線で上ヒゲを作ったのを見てすぐに利確。

その後勢いよく下がって行ったのでギリギリセーフだった。

改めて見ると恐ろしいポイントでロングしていた。

 

なぜそこでエントリーしたのか

f:id:kibunedb:20181205182626p:image

今回のロングエントリーポイントは本当によろしくなかったです。

  1. 2本の赤水平線に上値抑えられ
  2. MACDダイバージェンス
  3. トレンドライン割れ

下げる要素が盛りだくさんです。

なのに僕はトレンドライン割れのポイントでロング、、、

まぁ結果がわかってるから書けるのですが、ロングエントリーに踏み切るにしては悪材料が多かったように思います。

こういう材料に気付けないのがアカンところです。

もっと高い所からチャートを見る癖をつけないと駄目ですね、、、

木を見て森を見ず。(木すら見えてないw)

 

12/1,2,3損益

f:id:kibunedb:20181205183536j:image

月次損益から12/1,2,3部分を切り取った画像になります。

(12/1時点での月次損益→0)

12/1,2日次損益→0

12/3日次損益→+2625

12/3終了時の月次損益→+2625

 

12月度の初戦は、危ないエントリーをしてしまったものの、運良くプラスにする事ができました。

初戦で転んでそのままズルズルと「マイナス街道真っしぐら」なんて事になると困るんで助かりましたw

ついに始まってしまった年度末の戦い。

毎回同じ事の繰り返しになりますが、「出来るだけ守り重視で」を忘れず、無事に月次プラスで終えれるように頑張っていきたいと思います。

 

以上です、ありがとうございました。