もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

日々のトレード記録を復習する「BTCFX記録」、月別毎にトレード記録・月次損益をまとめた「月別まとめ」、月別毎に勝敗数・勝率・各エントリーの値幅を分析した「月別分析」、FXトレードについて勉強してきたエントリー手法などを復習する「FXの基本」、これらを主としたサラリーマンによるFXトレードについてのブログです。

【ビットコインFX】勝率重視のトレードを続けてみてわかった事【12月度分析】

お疲れ様です、新しい年度に突入したにもかかわらず前年度の復習に追われて思うようにトレードできておりませんRinです。

「せや!仕事や家族サービスの合間にビットコインFXでお小遣いを増やしたらええんや!」

と考えFXを始めたまでは良かったのですが、同時にブログも始めた事によってトレードをする時間が足りません

が、無理矢理にトレードして負けるのも嫌なんで焦らずボチボチやっていきます。

ってことで、今回は昨年12月度のトレードを分析します。

よろしくお願い致します。

分析の基になる【まとめ記事】はコチラ▼

前回の【分析記事】はコチラ▼

トレード数・勝敗数・勝率

f:id:kibunedb:20190116234547p:image

毎度の事ですが、トレード数・勝敗数・勝率をまとめてみます。

これらの数字をたくさん集めて分析して、自分のトレードスタイルを改善していく事が目的です。

まとめたのがコチラ▼

f:id:kibunedb:20190116233607j:image

 

月次損益

11月度よりも大幅アップとなりました。

データを取り始めて過去最高値です。

このままプラス街道を突き進んで行きたいですね!

 

トレード数

「トレード数はできるだけ少なく!」が望ましいです。

11月度までは順調に下がってきてたのですが、少し増える結果となりました。

トレード数増加の原因はポジポジ病ですw

ポジポジしてしまった日のトレード記録はコチラ▼

 

勝敗数・勝率

12月度のトレード勝敗数は184敗、勝率は81.8%となりました。

8月度・11月度に引き続き、高い勝率をキープできてます。

 

ロング/ショートの数・勝敗数・勝率

12月度のロング/ショートの数はロングが9回に対してショートが13回となっており、ややショートが多かったですね。

調べてみるとポジポジ病を発症した日のトレードで7回もショートしていました。

僕はポジポジする時はショートが多いようです。

 

12月度は月次損益が大幅にアップ!

f:id:kibunedb:20190117162047p:image

12月度の月次損益は+37534となり、11月度の+14409に比べると倍以上の利益幅になりました。

これは単純に嬉しいですw

 

12月度の各トレードの勝敗数・値幅

12月度トレードの勝敗数・値幅を見ていきます

(※下の表の値幅は四捨五入してますので実際の値幅と微妙にズレます)

f:id:kibunedb:20190117150306j:image

 

勝敗数

上の項目で書きましたので省略します。

 

値幅

勝ちトレードの値幅は「少しの利益で利確」を繰り返してますのでほとんどが+1000幅です。(青ハイライト部分)

これまでとの大きな違いは+28000幅の勝ちトレードがある事です。(緑ハイライト部分)

中身はただのラッキーパンチで、完全に運に助けられたトレードですw

ラッキーパンチが出た日のトレード記録▼

コレが無ければ月次損益は+10000幅となりますので11月度よりも少なくなります。

月次損益が大幅に増えたからと言って、前月よりも僕の実力が上がった訳ではないということです。

少し残念です、、、

 

直近3ヶ月は勝率がほぼ同じだが損益はバラバラになった

f:id:kibunedb:20190117123133p:image

ひたすらに勝ちを求め「少しの利益でも利確」を心がけてトレードし続けた結果、僕のトレード勝率はそれなりに高い数字をキープできてます。

が、月次損益はマイナスだったりプラスだったりバラバラです。

トレード勝率と月次損益の比較↓

f:id:kibunedb:20190117122618j:image

直近3ヶ月で勝率80%以上をキープできてますが、月次損益は見事にバラバラマイナスの月まであります。

 

月次損益がバラバラな原因

月次損益の大きな差の原因を調べる為に、各月のトレード値幅を比較します。

直近3ヶ月の値幅比較↓

f:id:kibunedb:20190117162245j:image

 

8月度 月次損益-52 「コツコツドカン」

コツコツと調子良く稼いでいます。(青ハイライト部分)

が、ちょっとした油断から特大値幅の負けトレードで利益を全て吹っ飛ばして月次損益をマイナスにしてしまいます。(赤ハイライト部分)

 

11月度 月次損益+14409 「利益が微妙」

相変わらずコツコツと稼ぐのですが、「負けたくない気持ち」が強すぎてほんの少しの利益が出たら利確を繰り返してしまいます。(青ハイライト部分)

そのせいで月次損益は微妙なプラスになりました。

 

12月度 月次損益+37534 「ラッキーパンチ」

前月に引き続き手の縮こまったトレードを繰り返して利益を伸ばせません。(青ハイライト部分)

が、偶然にもラッキーパンチが炸裂して月次損益はそれなりに大きいプラスになりました。(緑ハイライト部分)

 

【まとめ】勝率重視のトレードを続けてみてわかった事

f:id:kibunedb:20190117220911p:image

勝率重視のトレードをした各月度の月次損益・勝率・値幅を見ながら色々と比較してみた結果

  • 勝率が高くても、大きな値幅の負けトレードがあれば月次損益はマイナスになる
  • 勝率が高くても、小さな値幅の勝ちトレードだけでは利益は伸びない
  • 勝率がどうであれ、大きな値幅のトレードがあれば利益は伸びる
  • 勝率と月次損益はほぼ関係ない、重要なのはトレードの値幅である

という事がわかりました。

書き出してみると当たり前の事ばかりですねw

つまるところ、勝率ってあんまり重要じゃないって事です。

(うすうす勘付いてはいました、、、)

 

とは言え

  • 負けトレードばかりでも問題ない
  • 勝ち負けは気にせず大きな値幅を狙い続ければ良い

って事ではありません。

僕が言いたいのは「負けを嫌がり過ぎて、伸びる可能性のある含み益を小さな利益で終わらせて満足するのはもったいない」って事です。

僕のように負けたくない気持ちが強すぎる人は「ある程度の損失を覚悟して、その先にある大きな利益を狙ってみる」と良いのではないでしょうか。(※想定する利益>想定する損失の場合)

(※但し、イケメンに限る)みたいになってしまいましたが、リスクリワードをしっかり考えたトレードを繰り返す事が重要ですのでコレは外せません。

今回の分析でわかった事を今後のトレードに活かし、上手くお小遣いを増やせるようにこれからも頑張っていきたいと思います。

 

次回の【分析記事】はコチラ▼

 

以上です、ありがとうございました。