もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

日々のトレード記録を復習する「BTCFX記録」、月別毎にトレード記録・月次損益をまとめた「月別まとめ」、月別毎に勝敗数・勝率・各エントリーの値幅を分析した「月別分析」、FXトレードについて勉強してきたエントリー手法などを復習する「FXの基本」、これらを主としたサラリーマンによるFXトレードについてのブログです。

【ビットコインFX】はじめてのフィボナッチ-混乱編-【1/24,25】

お疲れ様です、今までフィボナッチというモノをちゃんと使った事が無かったRinです。

これじゃイカンと最近ようやく使い始めましたので、今日から数回に渡ってはじめてフィボナッチを使ってみた僕の迷走トレード記録を書いていこうと考えてます。

「フィボ?適当に引いた事はあるけど、ちゃんと使った事はないな…」

って方の参考になれば嬉しいです。(いるのか?)

よろしくお願いします。

はじめてのフィボナッチ-混乱編-

f:id:kibunedb:20190128235158p:image

FXトレードについて勉強していると、度々出てくるフィボナッチ。

仕組みや使い方についてはコチラ▼

 FX フィボナッチ-google検索

少し勉強してみて「数多くのトレーダーが意識していて非常に重要なライン」という認識ではいましたが、どうにも手が出ませんでした。

理由としては

  • どこからどこでフィボったらいいの?
  • ローソク足の実体とヒゲ、どっちで引くの?

などなど使い方が曖昧だった為です。

が、そんな事を言っててはいつまで経っても進まないので、思い切ってフィボってみました。

f:id:kibunedb:20190128214228p:image

(↑数日前の高値ヒゲ先から安値ヒゲ先で引いてみた)

1/24,25のトレードはこのフィボラインを目安に進んでいきます。

ヒゲが長すぎる場合はローソク足実体で引く方が良かったかも

 

1/24,25ビットコインFXチャート

f:id:kibunedb:20190128222029p:image

1/24に変わる直前に長めの上ヒゲを作って下落しています。

前回はこのヒゲに刈られたんですよね、、、

その後も緑水平線(フィボ0.5)がレジスタンスラインとして機能しているように見えます。

 

1/24,25の売買履歴

f:id:kibunedb:20190128222102p:image
f:id:kibunedb:20190128222058p:image

下から順にです。

1勝1敗でまずまずと思いきや、トレードの内容は全然ダメでした。

フィボナッチを使ったトレードは全くの未知の為、1回のエントリー枚数(ロット)は普段の半分でやってます。

新しい事を始めると失敗するタイプですのでw

 

チャートに売買履歴を書く

f:id:kibunedb:20190128222119p:image

ショート1は置いといて、ショート2がグダグダですね、、、

お前はなんの為にフィボったんだ?

と言いたくなるトレードです。

 

【復習】フィボラインを使えてない駄目トレード

偉そうに「フィボナッチを使ったトレード」などと書いてますが、全く使えてない駄目トレードを振り返っていきます。

 

ショート1

f:id:kibunedb:20190128222058p:image

【エントリー根拠】

上ヒゲにショートを刈られた後、再度緑水平線が抵抗になり下がると予想

【ストップ損切り】

紫水平線(上ヒゲよりもう少し先)

【利確目標】

赤水平線

【結果】
f:id:kibunedb:20190128222216p:image

予想通りに下がり始めるが、利確目標の赤水平線まで下がり切らずに戻ってくる。

目標が遠すぎたか?と考えてオレンジ水平線付近で一旦利確。

勝つには勝ったが目標まで我慢できなかった駄目トレードとなった。

 

ショート2

f:id:kibunedb:20190128222102p:image

【エントリー根拠】

オレンジ水平線が抵抗になりもう1段下がると予想

【ストップ損切り】

紫水平線(上ヒゲよりもう少し先)←オレンジ水平線を上抜けにすべきだった

【利確目標】

赤水平線

【結果】
f:id:kibunedb:20190128222240p:image

エントリー後、すぐにオレンジ水平線を上抜けされるが

緑水平線がすぐ上にあるから大丈夫やろ(白目混乱)」

と考え、ショートを追加して就寝。

起きてチャートを確認するとなんとか緑水平線で止まってたが

「エントリー根拠のオレンジ水平線を上抜けされてるのに、なんでまだポジションを持ってるんだ?」

と変に冷静になり、前日からのショートを損切りする。

その後価格は下がっていく、、、

完全にグダグダです、本当にありがとうございました。

 

すぐ近くに次のフィボラインがあるので「次」に頼ってしまう

f:id:kibunedb:20190128222846p:image

フィボラインは引き方によってそれぞれのラインの間隔が狭くなる事があります。

今回の僕は

「エントリー根拠のラインを崩されたのにすぐ次のラインがあるから大丈夫」

と考えてポジションを持ち続け、そのまま粘ると思いきや中途半端に損切りしてしまってます。

基本通りにキッチリと

  1. エントリー根拠(オレンジ水平線)を崩されたので損切り
  2. 次のライン(緑水平線)を根拠にもう1度エントリー

という対応をすべきだったと猛省です。

 

1/24,25損益

f:id:kibunedb:20190128222415j:image

月次損益から1/24,25部分を切り取った画像になります。

(1/23までの月次損益→+5307)

1/24,25損益→-1179 (+1824÷2,-4183÷2)

1/25終了時点での月次損益→+4128

 

見事にグダグダなトレードをやってしまったおかげで、前回に引き続きマイナスとなってしまいました。

普段の半分のロットでトレードしていたので傷は浅くて済みましたが、こんな曖昧なトレードを続けてるとまた昔のように大怪我するのが目に見えてます。

今回の反省を踏まえて、トレードのやり方を修正していけるように頑張っていきたいところです。

が、そう簡単に修正できたら苦労しないんですよね、、、

 

次回「はじめてのフィボナッチ-失敗編-」へ続く▼

 

以上です、ありがとうございました。