もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

日々のトレード記録を復習する「BTCFX記録」、月別毎にトレード記録・月次損益をまとめた「月別まとめ」、月別毎に勝敗数・勝率・各エントリーの値幅を分析した「月別分析」、FXトレードについて勉強してきたエントリー手法などを復習する「FXの基本」、これらを主としたサラリーマンによるFXトレードについてのブログです。

【ビットコインFX】大事な事なので2回言います、含み益ポジションは程々で利確すべきです【2/4〜6】

お疲れ様です、何度も同じ失敗を繰り返す男Rinです。

先日「含み益ポジションを握力全開で握り続けて損切りに至る」という馬鹿なトレードをしてしまいました。

前回記事はコチラ▼

コレで痛い思いをしたくせに、再度同じ事を繰り返してしまいましたのでその内容を書かせて頂きます。

よろしくお願いします。

含み益ポジションは程々で利確すべきです

f:id:kibunedb:20190215191504p:image

大事な事なので何度でも言わせて頂きます。

含み益ポジションは程々で利確しましょう!(しつこい)

せっかくの含み益を放置し、最終的に損失を出すなんてあってはならない事です。

(前回記事からの引用)

いや、皆様はこんな事はしないと思うのですが一応です。

前回の失敗を経験してなお、含み益ポジションを握り続けた私のトレード記録を紹介します。

 

2/4〜6ビットコインFXチャート

f:id:kibunedb:20190215100146p:image

薄紫水平線で反発し紫水平線まで上昇後、緑トレンドラインを割って下落。

上昇の起点となった薄紫水平線で1度止まるも再度下落という流れでした。

各フィボナッチラインはこうなってます↓

f:id:kibunedb:20190215121952p:image

 

2/4〜6の売買履歴

f:id:kibunedb:20190215100213p:image
f:id:kibunedb:20190215100209p:image

前回のトレード記録と同じく

ロング→利確→再度ロング→損切り

の流れです。

ほんと書いてて情けなくなってきました、、、

今回はコレだけでなくポジポジ病による負けトレードが多数あるのですが、画像データが多くなりすぎるので省略させて頂きます。(ポジポジの損失は合計して最終損益に加算します)

 

チャートに売買履歴を書く

f:id:kibunedb:20190215100235p:image

あれ?なんか前もこんな感じのトレードをしたような気が、、、

今回は含み益を損失にしてしまっただけでなく、その後上下にポジポジしてしまい小さな値幅の負けトレードを積み重ねるという最悪の結果になりました。

 

【復習】せっかくの含み益を損失にしてしまったダメなトレード

2記事連続で書く事になるとは思いませんでした。

残念ですが、キッチリ振り返っていきます。

ロング1

f:id:kibunedb:20190215100213p:image
f:id:kibunedb:20190215100209p:image

【エントリー根拠】

薄紫水平線がサポートになり上がると予想

【ストップ損切り】

薄紫水平線割れ

【利確目標】

紫水平線

【結果】
f:id:kibunedb:20190215100301p:image

エントリー後にゆるやかに上昇を繰り返し、無事に利確目標の紫水平線に到達したので利確する。

が、「もう1回だけ、もう1回だけ含み益ポジションを握ってみよう」と考え再度ロングエントリー。

が、上手くいかず急落したので損切りラインを割ってしまう前にセルフ損切り。

前回と全く同じ流れの失敗をした事により動揺し、損切り後にポジポジ病を発症して更に損失を膨らます。

もう…損切りまで待たずにどこかで利確しろよ!!

 

含み益ポジションを程々で利確すべき理由

f:id:kibunedb:20190215191525p:image

改めて書くような内容では無いと思うのですが、自分自身で深く心に刻み込む為にここで書かせて頂きます。

 

含み益は利確して初めて利益になる

当たり前の話ですが、含み益は利確しない限り永遠に含み益のままです。

価格が自分の予想に反して動いてきた場合に

「まだ◯◯円勝ってるし…まだ大丈夫やし…」

とか考えていつまでも握ってないで、どこかで「これ以上伸びない」と判断し利確をしましょう。

 

小さな利益でも損失よりは絶対に良い

なぜ含み益を利確せずに我慢して握り続けるのか?

僕の場合は「利確しなければ更に含み益が増えたのに…」と悔しい思いをしたくないからです。

が、ココで1度考えます。

  • 利確しなければ更に含み益が増えていた
  • 含み益が損失に変わる

どちらの方が悔しいかと言えば圧倒的に後者です。

最悪の場合を想定し、利確の判断をしましょう。

 

含み益が損失になると後のトレードに悪影響を及ぼす

含み益が損失に変わると精神的ダメージが大きく、その後冷静なトレードを続けるのが難しくなります。

「本当なら◯◯円勝ってたのに…」

等と考え出したら最後、根拠のないエントリーやヤケクソエントリーで更に損失を増やしてしまう可能性が高いです。

そうなる前にしっかりと利確しましょう。

 

但し例外もある

とは言え、なんでもかんでも即利確してしまうと以前の僕と同じチキン利確マンになってしまいます。

小さな利益ばかり集めていると、いずれ大きな損失に吹き飛ばされる「コツコツドカン」に繋がる可能性があります。

  • 順調な間は握る
  • 駄目な場合は手放す

何かしらの根拠でどちらかを判断し、上手くトレードする事が重要だと考えます。

(ココが難しいポイントなのですが…)

 

2/4〜6損益

f:id:kibunedb:20190215100355j:image

(2/4時点での月次損益→-3631)

2/4〜6損益→-3620 (-1079,-2541←ポジポジ損失)

2/6終了時点での月次損益→-7251

 

連日の失敗で更にマイナスを膨らます結果となってしまいました、、、

何度も同じ失敗してホント馬鹿なんじゃないの?

と思いますが、どうしてもロングを握りたい理由があったのです。

結局握り続けれなかったので全く意味がないですし、もし上手く行ったとしても利確できてない気がしますw

皆様は、どうか僕のような悔しい思いをしないように含み益は程々で利確して頂けると嬉しいです。

 

以上です、ありがとうございました。