もしもサラリーマンがビットコインFXをやったら

日々のトレード記録を復習する「BTCFX記録」、月別毎にトレード記録・月次損益をまとめた「月別まとめ」、月別毎に勝敗数・勝率・各エントリーの値幅を分析した「月別分析」、FXトレードについて勉強してきたエントリー手法などを復習する「FXの基本」、これらを主としたサラリーマンによるFXトレードについてのブログです。

【為替FX】今更だけど、損切りラインを基準にしてエントリーした方が良くね?【4/3】

お疲れ様です、Rinです。

前回に引き続き、為替FXのトレード記録を書かせて頂きます。

今回は、4/3のドル円FXトレードで

「損切りラインを基準にしてエントリーした方が良くない?」

という考えに辿り着いた事について書きます。

よろしくお願いします。

損切りラインの決め方

f:id:kibunedb:20190410235503p:image

損切りラインの決め方と言えば

  • 自分のエントリー根拠(予測)が崩れた時に損切りすべき

というのを良く耳にします。

まさにその通りだと思うのですが、僕の場合は

  • 自分のエントリー根拠(予測)が崩れた時に損切りしたら大怪我してしまうので、そこまで待てない

という時が結構あります。

で、大怪我するのが嫌なので

  • 自分のエントリーした価格から10~20pipsぐらい逆行したら損切り

とする事が多いです。

しかしこの方法だと

  • 自分のエントリー根拠(予測)が崩れる前に損切りしてしまい、我慢してれば勝ててたのに負けた

という残念なトレードになる事が多々あります。

そこで今更なのですが

「損切りラインを基準にしてエントリーすればいいんじゃね?」

という考えに辿りつきました。

文章だけでは伝わりにくいので、実際のトレード結果と共に順を追って見ていきたいと思います。

 

トレンドの方向を判断してエントリー目線を決める

f:id:kibunedb:20190411064206p:image

まずはコレをしないと始まりません。

前回に引き続き、トレンドフォローの恩恵を受けるトレードを目指します。

前回記事はコチラ▼

↑のポンド円のトレードとほぼ同じ考え方になりますが、、、

f:id:kibunedb:20190411063844p:image

(ドル円4時間足)

上昇トレンドの青チャネル&緑チャネルを下方向へ崩されたように見えます。

単純に「ここから赤チャネルでの下降トレンドに突入するのでは?」と考えてエントリー目線は下に決めます。

下げのパターンとして

  1. 戻らずに下げる
  2. チャネル上限まで戻して下げる

の2パターンを考えたところ

「ドル円は素直な動きをするらしいから赤チャネル上限までは戻すやろ(雰囲気)」

と判断し、戻るのを待ってから売る戦法を選択します。

で、毎度の事ながらフィボナッチを引きます↓

f:id:kibunedb:20190410123653p:image

(ドル円4時間足)

今回の僕のエントリーは

このフィボナッチラインのどれかまで戻してから下がるので、そのポイントで売る!(おそらく赤チャネル上限までは戻るだろう!)

という作戦になります。

 

【復習】下降トレンドの流れに乗る(つもり)のトレードを振り返る

はい、恒例の復習の時間です。

前回のポンド円トレードと同じく

上昇トレンドが終わる→下降トレンドに変わる

の流れに上手く乗ろうと試みたエントリーを振り返ります。

 

4/3-ドル円-ショート(+-ゼロ)

f:id:kibunedb:20190410122125j:image

【エントリー根拠】

f:id:kibunedb:20190410150754p:image

(ドル円4時間足)

赤チャネル上限までは戻る」という予測があるが、自分の狙ったラインは毎回と言って良いほどブチ抜かれる

なので赤ライン(111.48)黒ライン(112.01)の間を狙う(黄色部分)

【ストップ損切り】

エントリーから20pipsぐらい上

【利確目標】

オレンジライン緑ラインあたり

【結果】

f:id:kibunedb:20190410170458p:image

(ドル円1時間足)

赤ラインを超えたあたりで予定通りにショートエントリー。

うまい具合に上が硬い、このまま下がってくれれば…と考えつつクローズポイントを建値に変更し、追加ショート注文をキャンセル。

途端に価格は急上昇を始め、ソッコーで建値ストップとなる、、、

その後の値動きは酷いもので、追加ショート予定ライン(ピンク水平線)を超えて損切り予定ライン(赤水平線)をヒゲで刈り取ってから下落。

今回は運よく建値でクローズしたので被害は無かったが、もしもそのままポジションを持ち続けていたら発狂モノである。

損切りラインをもう少し遠くして、ある程度は我慢した方が良いのか?

しかしそうすると負けた時のダメージが痛いし、、、

 

損切りラインを基準にしてエントリーすれば良くね?

で、ようやくこの考えに辿り着きます(遅すぎ泣いた)

そもそものエントリー根拠はコレ↓

f:id:kibunedb:20190410192329p:image

(ドル円4時間足)

  • 赤ライン黒ライン黄色部分で下がる!

と予測したのだから損切りラインは

  • 黒ライン(112円)を超えたら

にすべきです。

が、エントリーが111.55円なので、もしも損切りになった場合は損失が-50pips近くになる。

コレは痛い、出来れば損失は-20pipsぐらいに抑えたい。

となると、、、

  • 損切りライン(112円)から20pipsのところ(111.8)でエントリーすれば良くね?

って答えに辿り着きます。(チャートに書くとこんな感じ↓)

f:id:kibunedb:20190410194050p:image

このショートエントリー、完璧じゃね?

(今回のは完全に結果論ですし、無理矢理ではありますw)

ホント今更ですが、今後は

  • 損切りラインを基準にしてエントリーする

という事を心がけていきたいと思います。

 

4/3損益

f:id:kibunedb:20190410194805j:image

※ドル円用の口座(10000円クレジット)は前回のポンド円用の口座(20000円クレジット)とは別になります

(3/31までの損益→+771)

4/1〜3損益→+6

4/3終了時点での損益→+777

 

我慢出来ていれば勝ちトレードに出来たものを、下手なやり方のせいで逃した感はありますが、なんとかプラススタートを切る事ができました。

6円ですがwww

えっと、今後の為替FXトレードは

  • ポンド円は20000円クレジットの口座
  • ドル円は10000円クレジットの口座

以上の2つの口座でやっていきたいと思ってます。

上手くお小遣いを増やせれるように、日々勉強しながら頑張っていきたいところです。

 

以上です、ありがとうございました。